2019年03月29日号

「2018年度発掘調査成果展」

出土遺物や写真、解説パネルで遺跡調査の成果を紹介 5月26日まで、道立埋蔵文化財C

 北海道立埋蔵文化財センターの「2018年度発掘調査成果展」が5月26日(日)までの午前9時30分~午後4時30分、同センターホール・常設展示室(西野幌685―1、文京台小学校隣り)で開かれている。入館無料。


 木古内町幸連5遺跡の約4300年前(縄文時代中期~後期)の竪穴住居跡から出土した、顔料で人の顔が描かれた石製品といった実物の出土遺物や、写真、解説パネルで遺跡調査の成果を紹介している。紹介されている遺物などは次の通り。


 〈遺物とパネルなどで紹介=常設展示室会場〉


 ◇道南
 ▽木古内町札苅8遺跡縄文時代中期出土遺物(復元土器・石器)
 ▽木古内町幸連4遺跡縄文時代前期出土遺物(石器の使用による変形)
 ▽木古内町幸連5遺跡縄文時代中期~後期出土遺物(三角石製品・長野産黒曜石石鏃(せきぞく)など)


 ◇道央
 ▽苫小牧市高丘8遺跡縄文時代前期出土遺物(つまみ付きナイフ集中・石斧集中)
 ▽浦河町向別遺跡擦文文化期・アイヌ文化期出土遺物(須恵器・陶磁器・アンモナイト)


 ◇道東・道北
 ▽根室市トーサムポロ湖周辺竪穴群アイヌ文化期出土遺物(動物遺存体)
 ▽斜里町カモイベツ遺跡続縄文・オホーツク・アイヌ文化期出土遺物(復元土器・石器・骨角器・動物遺存体)。


 〈パネル・写真で紹介=ホール会場〉


 ◇道南
 ▽木古内町札苅5遺跡・幸連遺跡


 ◇道央
 ▽厚真町鯉沼2遺跡
 ▽白老町ポロト3遺跡
 ▽長沼町12区C遺跡
 ▽浦河町常磐町遺跡


 ◇道東・道北
 ▽根室市別当賀一番沢川遺跡
 ▽湧別町川西2遺跡


 ◇トピック展示
 ▽胆振東部地震による厚幌導水路関連遺跡周辺の地形改変。


 4月13日には「発掘調査報告会」 2018年度にセンターが調査した遺跡を担当職員が説明する「2018年度発掘調査報告会」が4月13日(土)午後1時30分~4時、同センター研修室で開かれる。参加無料。定員は100人。事前申し込みを。


 申し込み・問い合わせ/同センター【TEL】386―3231。


美白 日焼け止め

トラックバックURL:

« 大麻銀座商店街ブックストリート | TOP

[PR]SEO対策済みテンプレート