2019年04月05日号

1日福祉セミナー「障がい者の社会参加を…」

なぜ、障害者の就労が注目されるようになったのか… 4月16日、社会福祉総合C

 最近では、「農福連携」といった、担い手不足の農業と福祉分野が連携し、重要な働き手として活躍する例も聞きます。なぜ、障がい者の就労が注目されるようになったのか、障がい者の「社会参加」の環境を歴史的な部分からも学びます(案内より)――札幌市社会福祉協議会・ボランティア活動センターの1日福祉セミナー「障がい者の社会参加を考える~地域×つながり×働くことの多様性から~」が4月16日(火)午後1時30分~3時30分、社会福祉総合センター・4階研修室A(大通西19)で開かれる。参加費は500円。事前申し込みを。


 講師は、社会福祉法人北海道社会福祉協議会・障がい者就労支援センターコーディネーターの大泉浩一氏。


 申し込み・問い合わせ/同センター【TEL】623―4000。


コブクロ CD

トラックバックURL:

« 観察会「春の花を見つけよう」 | TOP | 「第24回北海道シャンソンエスポワール・チャリティー・コンサート」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート