2019年05月10日号

「野幌森林(もり)づくり塾」

台風被害の森を自然林に再生する講座や作業体験… 6月13日から、参加者募集中

 北海道森林管理局石狩地域森林ふれあい推進センターが主催する「野幌森林(もり)づくり塾2019」が6月から3回にわたって、野幌森林公園内で行われる。現在、塾生を募集中。対象は森林づくり活動に関心がある、原則3回受講できる人。参加無料。定員は25人。申し込みは5月15日(水)まで。


 「塾」は平成16年9月に台風で被害を受けた森林の被害地を、100年前の原始性が感じられる自然林に再生していくことを目指し、森林づくり作業を体験しながら、森林と人の関わりについて理解を深めていく、森林環境教育プログラム。


 予定されている内容は


 ▽第1回「野幌の森と光の物語」…6月13日(木)9時30分~15時、講師は北海道立総合研究所の西川洋子氏。


 ▽第2回「森林づくりを体験しよう!」…10月5日(土)9時30分~15時。


 ▽第3回「風倒木の処理状況について」…1月下旬~2月中旬(調整中)9時30分~15時―。


 申し込みは郵送またはメール、FAX(【Fax】805―0201)で同センターへ。


 問い合わせ/同センター【TEL】622―5114。


microSD 8GB

トラックバックURL:

« 「水中の忍者ただいま参上!」 | TOP | 北海道情報大学「すこやか健康調査」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート