2019年05月10日号

斜面の崩壊「地震で崩壊した森林の今」

道総研ランチタイムセミナー…空からのドローン調査の結果 5月15日、北海道庁

 胆振東部地震で斜面が崩壊!最新のドローンで空から調査!これまでの調査結果をお見せします(案内より)――第54回道総研ランチタイムセミナー〈おひるの科学〉「地震で崩壊した森林の今」が5月15日(水)昼12時5分~12時55分、北海道庁1階交流広場(北3西6)で開かれる。参加無料。当日直接会場へ。


 講師は道総研森林研究本部林業試験場森林環境部環境グループの速水将人研究職員と中田康隆研究職員。


 昨秋の胆振東部地震で斜面崩壊し、約4300haの森林が失われた厚真町東和地区などを空から調べた最新の調査結果や木を植えるための基盤となる土の現状、今後の対応方針についてなど、被災した森を早期に復旧するための研究について講演する。調査で使用しているドローンも展示される。


 問い合わせ/北海道総合研究プラザ【TEL】747―2804。


携帯ストラップ

トラックバックURL:

« 北海道肺がん患者と家族の会 | TOP | 絵付けの陶芸展2019(令和1)「草花のうつわ」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート