2019年05月10日号

薬用植物園で「春の山菜展」

山菜と間違えやすい毒草なども…見て触れて、においを嗅いで 5月10日~11日、道立衛生研

 見るだけじゃない!ふれて学ぶ!日本三大毒草として有名なトリカブト、ドクゼリ、ドクウツギのほか、よく似ている山菜と毒草を混生させた鉢植なども展示する「春の山菜展2019」が5月10日(金)~11日(土)午前10時~午後4時、北海道立衛生研究所薬用植物園(北19西12、札幌工業高校隣り)で開かれる。入場無料。直接会場へ。


 約30種類の鉢植えとともに、多くの山菜・毒草が地植えされ、山菜・毒草を実際に見て、触れて、においを嗅いで覚えることができる、薬用植物園「山菜・毒草コーナー」公開、区別がまぎらわしい山菜と毒草の見分け方について解説したパネルの展示、毒草ハンドブックなど山菜に関する資料の配布をする。


 主催は北海道(保健福祉部健康安全局食品衛生課食品安全グループ、衛生研究所生活科学部薬品安全グループ)と札幌市(保健福祉局保健所)。


 問い合わせ/札幌市保健所広域食品監視センター【TEL】641―0635。


黒執事 CD

トラックバックURL:

« 「シラネアオイと春の野の花まつり」 | TOP | エミシア「お母さんのお食事代が無料!」 »

[PR]SEO対策済みテンプレート