御大典(改元)記念…山田雅也氏を講師に文化財講演会戦前戦中の風景「奉安殿と二宮金次郎像」 6月15日、かでる2・7

 

「御真影や教育勅語を直視してはいけない」、頭を上げるとコツンとやられた。昔は、あちこちに見られた奉安殿と二宮金次郎像を語る(案内より)――(一財)北海道文化財保護協会の文化財講演会「御大典(改元)記念戦前・戦中の風景―奉安殿と二宮金次郎像」が6月15日(土)午後1時30分~3時30分、かでる2・7の10階1060会議室(北2西7、植物園正門前)で開かれる。参加費は700円。事前申し込みを。
講師は、北海道文化財保護協会会員、日本民俗建築学会員の山田雅也氏。「教育勅語の成立過程」、「御真影と教育勅語、道内の事件簿」、「薪(たきぎ)を背負った金次郎像のモデル」、「あちこちに金次郎像がある理由」などを解説。本物の勅語謄本も公開されるという。
申し込み・問い合わせ/(一財)北海道文化財保護協会電話271―4220。