総合診療科部長の小谷裕美医師を講師に医療公開講座 新札幌豊和会病院「大腸がんについて」 6月19日、15時30分~16時30分

新札幌豊和会病院の第52回医療公開講座「大腸がんについて」が6月19日(水)午後3時30分~4時30分、同病院地下1階会議室(大谷地東2丁目5―12)で開かれる。参加無料。当日直接会場へ。
講師は、同病院の総合診療科部長の小谷裕美医師。
――大腸ポリープには腫瘍(しゅよう)性のものと非腫瘍性のものがあります。腫瘍性とは異常な増殖能力があることを意味します。非腫瘍性ポリープは全て良性です。腫瘍性のものは良性と悪性に分けられます。がんは、腫瘍性で悪性のもののことです。大腸がんは、長さ約2mの大腸(結腸・直腸・肛門)に発生するがんです。早期に発見できれば、内視鏡的切除や外科手術により治すことが可能です(案内より)――。
問い合わせ/同病院【TEL】893―7000。