大正時代の地図で札幌市の地形の変化を知る さっぽろ閑話「90年前の札幌の地形」 6月22日、札幌市公文書館

札幌市公文書館のさっぽろ閑話「90年前の札幌の地形~視形線図から~」が6月22日(土)午後2時~3時、同公文書館3階講堂(南8西2)で行われる。参加無料。当日直接会場へ。
講師は公文書館の榎本洋介さん。昔の札幌の等高線や細かい地形を見ることができるという大正時代に作成された地図「視形線図」を元に、プロジェクターなども用いて街の発展に伴う札幌市の地形の変化を見ていく。
問い合わせ/札幌市公文書館【TEL】521―0205。