子供の急な病気など保護者の“緊急事態”を地域で支援… 「…サポートネットワーク」研修会 6月13日~、江別市コミセンほか

子供の熱が下がらないのに仕事が休めない、急な残業でお迎えの時間に間に合わない…子供の急な病気や残業など、保護者の“緊急事態”を地域で支援する「江別市緊急サポートネットワーク事業」の支援者側となる“提供会員”を養成する研修会が6月13日(木)~10月9日(水)に全4回、江別市コミュニティセンター(江別市3条5丁目11―1)ほかで開かれる。参加無料。対象は子育て支援活動に関心のある成人。研修は1講座から受講可能だが、提供会員として登録するには全講座の受講と6月、8月、11月に開催されるファミリーサポートセンターの研修受講も必要となる。申し込みは講座の前日まで。
ネットワークは江別市が設置し、NPO法人北海道子育て支援ワーカーズが業務の委託を受けている。事前に登録している助けが必要な依頼会員の保護者が「病気で保育園などには預けられない」、「残業でお迎えに間に合わない」、「出張で泊りの預け先が見つからない」など緊急のときに、0歳~小学6年生の子供たちを対象に、有料で支援する仕組み。提供会員には1時間1000円~の支援料金が支払われる。ただ、緊急時の支援を求める依頼会員は240人ほどいるが、支援する側の提供会員は現在のところ、44人だという。
研修会は▽6月13日(木)午前10時~午後4時=「開講式」、「緊急サポートネットワークの事業概要」、「子どもの遊び」▽7月19日(金)午前10時~午後3時=「病児病後児保育の基礎A」、「同B」▽9月11日(水)午後1時~4時=「子どもの食と栄養」▽10月9日(水)午前10時~午後3時=「保育の心」、「病児保育と実際」―。
申し込み・問い合わせ/NPO法人子育て支援ワーカーズ【TEL】632―5180。